和泉鳥取地区は江戸時代に形成された新興村落であり新家と呼ばれたが、町制施行の際、国鉄阪和線和泉鳥取駅所在の為、和泉鳥取と改称。新家の古称は法被や提灯や幕などの装飾に見ることができる。

現在のやぐらは大正十年製作。西本舟山により刻まれた彫刻が見事である。見所は幕板右面の川中島大合戦。その迫力は見るものを唸らせる。

老朽化が激しく昭和六十一年に解体大修理が行われ、彫刻主要場面を除くほとんどが新調された。


 



戻る



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO