自然田村芝出(シバデ)地区のやぐら。祭礼では上東(カミヒガシ)組を名乗る。

上東組のやぐらは大正八年に製作され、自然田地区に新調ブームをもたらした。自然田特有の小振りなやぐらで、彫刻場面は上、東同様、源平合戦記が事細かに細工されている。彫刻責任者は同年代、春木南(現岸和田市別所町)のだんじり彫刻を手がけた西本舟山。昭和五十九年に解体大修理を行い、曳き手の力に負けぬように台幅が広げられた。

先代は現やぐら新調に伴い泉南市楠畑へ(現存せず)





戻る



SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO