家紋は今日まで息づいている日本固有の文化

家紋は戦国時代に発達。それまでの写実的なものから象徴的かつ紋章的な傾向が強まり、集団を明瞭に表すためや戦場での識別を容易にするうえで重要な役割を果たすことになる。 徳川時代になると家紋は儀式・儀礼的な役割を増す。庶民の間にも家紋が広がり、様々な家紋の種類が一気に数を増すことになった。

泉州地方では町ごとに紋が定められ、その紋が法被や団扇等の祭礼意匠に用いられることが多い。美的観点は本より、古来から続く団結の印としての意味も強い。



九枚笹(笹紋)


 梅鉢(梅紋)


 五瓜八坂(瓜紋)

 左三つ巴(巴紋)


 丸に立ち葵(葵紋)


 源氏車(車紋)







SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO