鶴岡八幡宮


源頼義は、奥州の戦乱前九年の役出兵にあたり、京都石清水八幡宮にて祈願し(
頼義戦勝祈願)、勝利を収め、その戦勝記念として康平6年(1063)八幡宮の分霊を祀った神社を鶴岡(現在の材木座周辺)に創建したのが、はじまりといわれる。その後、鎌倉幕府を開いた源頼朝が治承4年 (1180)に現在の場所に移築したが火災で焼失したため、改めて建久2年(1191)源氏守護神を祀る宮として建立。

源氏の守護神であると同時に武神として崇敬され、足利市、徳川氏も厚く保護した。

尚、鶴岡八幡宮は国の史跡として、指定されている。


参照:沼町地車新調記念誌

参照:フリー百科事典Wikipedia


岸和田市上町大屋根枡合正面

岸和田市下松町大屋根枡合右面







SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO