川中島大合戦


武田信玄と上杉謙信による川中島の合戦。互角の力を持った四万に及ぶ両軍の精鋭は一歩も引かず死力を尽くして戦った。

上杉軍本隊が川中島に表れ、先頭に神武毘沙門天の「毘」の字を記した軍旗が押し立てられた軍勢は一万八千余。「謙信、川中島に現る」という知らせを狼煙で受け取った武田信玄は一万八千余りの兵を率いて軍旗には「風林火山」を記して戦いに向かった。

川中島のほぼ中央の八幡原で上杉、武田両軍の血みどろの死闘が繰り広げられ、信玄と謙信の一騎打ちは有名である。




岸和田市多治米町土呂幕正面







SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO