神功皇后

神功皇后(じんぐうこうごう、170年 - 269年)は、開化天皇の曽孫にあたり、仲哀天皇の皇后。 名は息長足姫尊(おきながたらしひめのみこと。息長足媛)。 父は、開化天皇の玄孫・息長宿禰王。 応神天皇の母。

201年から269年まで執政を執り行い、お腹に子供を抱えたまま朝鮮半島に出兵(三韓征伐。200年)したとされ、その際はお腹に石をあててさらしを巻き、冷やすことによって出産を遅らせたとされる。 その帰路、筑紫の宇美で応神天皇(誉田別皇子)を出産し、志免でお紙目を代えたと伝えられている。




岸和田市下松町大屋根枡合左面






SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO