忠信碁盤投げ


兄頼朝に追われた義経一行は、吉野金峯神社の塔に仮宴の夢を結ぶが、追っ手は思ったよりも早く来た。自ら追っ手を食い止める役を買って出た佐藤四郎兵衛忠信は、義経一行の無事を祈りわが身の危難も忘れ、雪の上にはらはら涙を落とす。どこをどう切り抜けたか忠信は京へ現れた。四条通の小柴某、その娘小車という女が忠信と深い仲だったが、これが悪女で今は追われる身忠信を鎌倉へ密告してしまう。敵に攻め込まれた忠信は思い碁盤を投げつけ応戦するが、討手の大群に囲まれた忠信は悠々と腹を掻っ切る。

なお、忠信が碁盤を投げつけたのは通説であり、 義経記の「忠信最期の事」にはその表記はない。


参照:沼町地車新調記念誌



岸和田市小松里町土呂幕正面
写真提供:だんじり保存会城様

岸和田市沼町大屋根枡合右面







SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO